ニキビ肌でも化粧したい

  • ニキビの皮膚科での治療とは

    • ニキビができたら、洗顔方法を見直したり、生活習慣を見直して、再発しない環境づくりを行います。できてしまったニキビは、すぐに治ることはなく、1週間以上は必要です。



      手で触ったり、無理につぶしたりすると、跡が残ってしまってなかなか消えなくなります。



      気になっても鰆に事が大切です。



      ニキビの治療は皮膚科で行われています。



      病院では、ニキビに有効な塗り薬や抗生物質が処方されます。原因菌に対処する殺菌作用のある塗り薬や炎症を抑えて体の内部から効く薬です。



      ビタミン不足が原因になっている場合もあるので、ビタミンBの薬も処方されます。


      女性のホルモンバランスの乱れが原因の場合は、低用量ピルが処方されることがあります。
      医師からは、生活習慣について質問を受けることがあり、食事のバランスや睡眠時間、運動習慣について聞かれます。



      適切な生活習慣を維持することが、ニキビ予防に必須です。



      仕事や勉強で座ってばかりいると運動不足になりがちなため、ストレッチやウォーキングなどの軽い運動を生活に取り入れることが推奨されています。



      運動を取り入れることで肌質が改善されるだけでなく、疲れが取れやすくなるので、通勤・通外の時に一駅歩いたり、自宅でピラティスやヨガを取り入れると健康的な状態を保てます。


      コンビニやスーパーで販売されているお総菜は手軽に食べられて便利ですが、栄養バランスが偏りがちなので、野菜やミネラルを補給するよう心がけたほうが良いです。


      ビタミン剤や野菜ジュースでビタミンを補給することはできますが、食べ物から直接摂取する方が効率よく体に吸収されます。


  • 関連リンク